FC2ブログ

設定

第十二章の登場人物

 ←第十二章(27) →第十三章(1)
 先に白状しますと、この章でマリウスが唄っている詩はオリジナルではなく、8世紀のアラブの詩人アブ・ヌワースの作です。
 それまでアラブの詩人には縁がなかったのですが、

 友〔原文ではビシュル。意味は同じ〕よ、剣と戦いは私に何の関係があろう。
 私は遊びと楽しみのために生まれてきたようなもの。
 私は合戦と出陣の求めに臆病となる男、
 だから、私を頼りにしないでくれ。

 …というのを見た瞬間、「これはオマエのことだ!」(笑)と、いつかこういうシーンで唄わせたいなあ、という願いがこの章で叶いました(笑)。

 では登場人物の整理です。
 後半部分にわんさか出てくる貴族たちについては、以前の章で2回以上登場している人物のみ紹介しています。よって、今章を含めて以後2回以上出てくれば、次章以降で紹介リストに載るということで。 

《帝国側》
・ウルバイン(Ⅱ)…帝国皇帝。半妖精。
・ガラテア…帝国軍師長。ウルバインの姉。半妖精。
・マリウス・ランドローヴァル…侯爵。顧問官。ウルバインの再従弟。
・サイフェルト・トゥラムバール…近衛騎士団副団長。
・グラシャス・ブラキストン…侯爵。帝国宰相。
・エルバン・アールミン…伯爵。

 ちなみに帝国側の登場人物の大半(8割以上?)は高校時代の鵬のキャラクター原案がもとになっています(今も造形に困ると彼女に頼るw)。
 サイフェルトは当初サイアスという名前だったのですが、大公国側にも同名の人物がいるのと、(文化的につながりがあるのだから、別にいてもいいんだと今となれば思えますが)、その段階では登場人物が少なかったのにわざわざ同名を出すこともないだろう、ということで今の名前に落ち着きました。名前だけがあって名字がない、という状態の多いキャラクター中、すんなりとフルネームが決まった数少ない人物の一人です(笑)。
関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png INFORMATION
もくじ  3kaku_s_L.png 第一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第四章
もくじ  3kaku_s_L.png 第五章
もくじ  3kaku_s_L.png 第六章
もくじ  3kaku_s_L.png 第七章
もくじ  3kaku_s_L.png 第八章
もくじ  3kaku_s_L.png 第九章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十四章
もくじ  3kaku_s_L.png 小編
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
  • 【第十二章(27)】へ
  • 【第十三章(1)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第十二章(27)】へ
  • 【第十三章(1)】へ

INDEX ▼