スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←第十三章(3) →第十三章(5)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png INFORMATION
もくじ  3kaku_s_L.png 第一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第四章
もくじ  3kaku_s_L.png 第五章
もくじ  3kaku_s_L.png 第六章
もくじ  3kaku_s_L.png 第七章
もくじ  3kaku_s_L.png 第八章
もくじ  3kaku_s_L.png 第九章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十四章
もくじ  3kaku_s_L.png 小編
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
  • 【第十三章(3)】へ
  • 【第十三章(5)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

第十三章

第十三章(4)

 ←第十三章(3) →第十三章(5)
 ちいさな町や村を渡ってゆくにつれ、靴底はすり減り、残る唯一の持ちものであった一張羅の長衣〔ローブ〕はぼろぼろになったが、信者は増えていった。その大半は老婆と子供だったが。子供らは彼の姿の見えなくなるまで、村のはずれまでついてきて、手を振っているのだった。青年や壮年の男衆は、彼が辻で説教をはじめると追い立てるのがつねであったから。
 それでも一度、彼が「近いうちに足萎えの子羊が生まれる。その仔はひとつの目しか持たぬであろう」というのを言い当てたときはさすがに顔色を変えてうろたえた。そしてそのあと、鍬や鋤をもって彼を追い払った。
『まだ足りぬ、まだ足りぬ』頭のなかの雷帝の声は飽くことを知らなかった。
(そうだ。もう少し大きな町へ行こう)
 めずらしく若い娘が彼のあとを追うと申し出たとき、心は決まった。まずはカルノサからはじめるのだ。

 カルノサは特段の変哲もない町である。長さ一里あまりの低い石壁が町のぐるりを囲み、四半刻〔とき〕もあればひとまわりできてしまう。〈苧麻街道〉が敷かれてからは小商いの店やちいさな旅籠〔はたご〕もほそぼそと営まれるようになったが、もとは百姓屋が防衛のため寄り集まったものである。だから石壁も彼ら父祖の手造りで、近くに寄って見れば石は不揃い、隙間には藁屑が詰め込まれ、金鳳花〔きんぽうげ〕がところどころ黄色い花冠をのぞかせているというあんばいだ。
 彼は久方ぶりに町の門をくぐった。泥炭を積んだ荷車のあとをついてゆくと、庁舎前の広場に出た。
 庁舎といっても帝都の石造りの都庁舎とは比べものにもならぬ。木組みの三階建てで白漆喰を塗っただけの質素なものだ。しかし、黒く煤けた筋交〔すじか〕いが、我知らず彼に懐かしさを呼び起こした。
 庁舎の一階は集会所、二階が役場で三階は町長の住まいとなっている。市の立つ日でもないから広場は閑散としている。が、曇天の下でも子供らは輪回しや骨のおはじきに興じ、茶飲み話のために外へ出てきている年寄りの姿もちらほらする。
(ともかくも栄光はここからはじまるのだ……!)
 彼は礎石の一段高くなっているところへ飛び上がった。
「聞け、カルノサの人々よ……!」
関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png INFORMATION
もくじ  3kaku_s_L.png 第一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第四章
もくじ  3kaku_s_L.png 第五章
もくじ  3kaku_s_L.png 第六章
もくじ  3kaku_s_L.png 第七章
もくじ  3kaku_s_L.png 第八章
もくじ  3kaku_s_L.png 第九章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十四章
もくじ  3kaku_s_L.png 小編
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
  • 【第十三章(3)】へ
  • 【第十三章(5)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第十三章(3)】へ
  • 【第十三章(5)】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。