FC2ブログ

第十四章

第十四章(3)

 ←いつのまにやら第十四章の「Ⅱ」。 →創作と批評について
「手柄を立てたあかつきには、おまえにも紋章を授けてやろう」
「俺に、ですか?」
 ジラールはその胸を見た。つるりとした胸甲の曲面には何も描かれてはいない。敵味方を隔てるものは、左腕に巻かれた黄と赤の布だけだ。
「そんなものより、俺は金がほしいですね」
「むろん、金もやろうというのだ」食い詰め者の言葉に、ユディウスは気を悪くしたふうもない。「だが、おまえには分からぬだろうが、紋章にも効能はある。金持ちは、ただの金持ちだ。だが、紋章を授かれば、おまえもひとかどの武将の仲間入りができるのだ。位が上がれば、おまえが人に頭を下げずとも、人がおまえに頭を下げるようになる。たとえば、おまえを追い回していたサイアスでさえもな」
「そいつはいいや」ジラールはにやりとした。
「どんなのがいいか、今から考えておくとしましょうや」
 ナルドが以前に指摘してみせたとおり、レイモンという押さえをなくしたファリアは、秋の森に落ちた団栗よろしく、周囲の猪――あるいは豚か――からむさぼり食われる運命〔さだめ〕にあるといえた。 
 それを許しておく大公〔ユディウス〕ではない。離間、懐柔しておとなしくさせておける相手には水面下で工作し、それでも打って出ようという相手には兵を向ける。
 兵士たちの手前、自信ありげにふるまってはいるが、ユディウスは一抹の不安をうしろに残していた。
 言うまでもなく、帝国の存在である。
 ゆえに、サイアスと、帝国とのいくさに慣れた古参の軍師ダルカンをおいてはきているが……。
「帝国は手出しして参りませんよ、むしろ、手出しできぬのですから」
 馬を並べるナルドが言った。人の姿をとった妖魔は、寸鉄帯びずに、ちょっとそこまで出かけるかのごとき気楽さで馬に跨っている。
「帝国の動きにおまえが何か絡んでいるのか? 私は何も命じた覚えはないぞ」
「さあ……わたくしめは何もいたしておりませんが」妖魔はうっすらと笑みを刷いた。
 この貧相な男が妖術つかいであることは今や軍団じゅうに知れ渡っており、皆遠巻きにささやきかわしこそすれ、積極的に話しかけようとしたり、ましてや小馬鹿にする者は誰もいなかった。ユディウスに対しても物怖じせぬ口をきくジラールでさえ、命じられぬかぎりナルドのもとへ近づこうとはしなかった。
関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png INFORMATION
もくじ  3kaku_s_L.png 第一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第四章
もくじ  3kaku_s_L.png 第五章
もくじ  3kaku_s_L.png 第六章
もくじ  3kaku_s_L.png 第七章
もくじ  3kaku_s_L.png 第八章
もくじ  3kaku_s_L.png 第九章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十一章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十二章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十三章
もくじ  3kaku_s_L.png 第十四章
もくじ  3kaku_s_L.png 小編
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
  • 【いつのまにやら第十四章の「Ⅱ」。】へ
  • 【創作と批評について】へ

~ Comment ~

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
毎号90ページくらい。全国に約100人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【いつのまにやら第十四章の「Ⅱ」。】へ
  • 【創作と批評について】へ

INDEX ▼